スポンサーリンク

長州砲の行方

下関戦争の時にイギリス・フランス・オランダ・アメリカは戦利品として長州藩の大砲を全て持ち帰ってしまったんですよね。
各地でそうやって色々な物を分捕り、自国の博物館に展示したりしていらっしゃいますね。

まぁ、それは置いておくとして、何年か前にフランスに向かう飛行機の中で読んだ雑誌に長州砲が保管されている博物館を紹介している記事がありました。
残念ながらどこの博物館だったか忘れてしまったのですが、その後長州砲の1門が、フランスのアンバリット軍事博物館から返還されていて、現在下関市立長府博物館にて展示されているんですね。

長州砲の返還についてはこういう本も出ています。

わが長州砲流離譚

新品価格
¥1,680から
(2010/7/20 22:06時点)


最近図書館で見かけたので今度借りてみようと思っています。

まだまだ日本人が知らない場所に保管されている物もあるかもしれませんね。
海外に行った時に出会えるかも知れませんので、少し気に留めておきましょう。

観光スポット
◆下関市立長府博物館

ブログランキングに参加しています。
↓ポチっとクリックお願いします↓
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ人気ブログランキングへ
ブログランキング ドット ネットブログランキング

スポンサーズリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ